銀行カードローンメリット

お金を借りるなら銀行系カードローンがおすすめ

銀行系のカードローンはキャッシングとは少し違いがあります。

 

キャッシングは総量規制の対象になる為、年収の3分の1までの借り入れしかできず、収入のない主婦や学生は所得証明書の提出が必要で、審査が通らない場合があります。しかし、銀行系のカードローンは総量規制の適用外のため、電業主婦や学生でも借りることが可能なのです。借入限度額も銀行系カードローンの場合は年収の3分の1という制限がないのです。

 

借り入れる相手が慣れ親しんだ銀行であることも安心できる材料の一つですし、キャッシングに比べて金利が安いこともメリットの一つと言えます。借入限度額がキャッシングに比べて多いことや、毎月の引き落としの際の残高不足の補てんもしてくれることも利用しやすい点なのです。

 

数社あるクレジット会社系の借り入れを銀行系のカードローンに借り換えすることにより、金利の低減や毎月の支払額を少なくすることも可能で、数社に借り入れのある方は銀行系カードローンを検討してみることも一つの方法です。

 

プロミス審査|通る人、落ちる人のちがい