カードローン審査

カードローン審査と仕事

誰でも持てるカードローンなどと宣伝がされていますが、無職であっても審査に通るかどうかについては意見が分かれます。

 

正社員でなくてもアルバイトやパートタイマーであれば、問題なく審査には通ります。
しかし、申し込みフォームに正直に無職無収入と書いたのでは、審査に落ちる確率はかなり高くなります。
過去に一度も滞納することなく返済した実績があったりすればまた話は違ってきますが、基本的に無職では審査で蹴られる可能性は高いと言えるでしょう。

 

ただ、50万円以下など最低限度額の申し込みでは収入証明は不要とされるところがほとんどです。
現時点で働いていなくても、これからアルバイトをする予定などであれば、職業欄にはアルバイトと書いて申し込めば審査にはほぼ通ります。
特にweb申し込みだけのところを利用すれば本人確認も書類で済ませられるので確実でしょう。

 

自営業と名乗り適当な年収を書き込むという方法もありますが、万が一確認の電話などで突っ込みを受けると答えに窮してしまうことがあるので、嘘をつくのはやめましょう。